Pastime

koika2.exblog.jp

カテゴリ:Canadaの旅( 33 )

retun home

7月18日(火)
長かった 楽しかった 夢のような時間は終わりました
朝から 大荷物を持って トロントの飛行場に向かいました
無事にチエックインして 荷物は関空で受け取ることを確認して
搭乗ゲートに向かいました。
TorontoからCalgary
のフライトは4時間程だった。
バンクバーで乗り換えて 
帰りのエアカナダは空いていた
次はなんとか寝なくちゃと思ったけど
眠れないまま 関空に着いた 
シートベルト着用のサインが消えた時
旅の終わりを確認したような気がしました
気ぜわしく税関を通り リムジンバスにのって西宮北口に帰ってきた
タクシーの運転手さんが 今日は雨がドシャブリだったのに
いい時に帰ってこられましたなー
と言っていた 梅雨が明けていないとか イヤダナー
もう一度カナダに行きたくなった
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 18:23 | Canadaの旅 | Comments(0)

Casa Loma

7月17日(月)

トロントの最後の日はCasa Lomaと言う 
ヨーロッパのお城のような豪邸を見に行った
d0002247_181973.jpg

地下鉄で行きました
サー ヘンリー ミル ペラット氏は陸軍将校で実業家でした。
この豪邸の為に全財産をかけて建築しましたが 
彼の財産が破綻してしまったので 
長く住むことも無く このCasa Loma の建築した人として名を残したしたそうです
d0002247_1835822.jpg

d0002247_1851123.jpg

この豪邸の中で 毎夜舞踏会や宴会が催されていたのでしょう
パリのベルサイユ宮殿やオーストリアのシェーンブルン宮殿を見ましたが
それらの宮殿をふと思い出したり  中世のヨーロッパの生活や文化が
そこにあったように感じました
塔の最上階はトロントの街が一望出来ましたが 日本の城の天守閣と様子が
違うのは そこはちいさな小窓から覗くだけでした。

カサロマを見て近代的なトロントの中心街のホテルに戻り
あのお気に入りのリッチツリーで食事を楽しみ
パッキングをして カナダの最後の夜をすごしました。
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 17:59 | Canadaの旅 | Comments(0)

トロントで再会

7月16日(日)

トロントから車で2時間のオンタリオ州南部のロンドンに住んでいる
カナディアンのMさんと2年ぶりにトロントで会った  
彼女は私の英語のクラスの先生でした 
日本での仕事は高校の英語の教師として1年間滞在していました
今は ロンドンの高校で 生物学を教えているそうです。

私がカナダに行った時 会いましょうと約束をしていたので
トロントの私が泊っているホテルに会いに来てくれました。

彼女は日本に居た頃よりスマートでもっと綺麗になっていた 

彼女の家のガーデンで獲れた木の実やプレゼントを持ってきてくれた
木の実はかわいくて 酸っぱくて 初めて見た ベリーの一種だった
d0002247_174423100.jpg

まず  彼女の案内で シティホール前の公園でタイのお祭りを見て
d0002247_5111487.jpg

私のホテルで食事をして CNタワーに行った
CNタワーの360と言うレストランはとっても素敵なところで
トロント在住の弁護士さんに2度 ディナーにご招待していただいた事が
懐かしく思い出されました。

Mさんとは気が合うので英語の話も苦にならなかった
いろんな事を教えてくれた 例えばCNタワーから見えるビルの名とか
街の様子や トロントの地理的な事
または Tim Hortonsのアイスカプチーノは美味しいよ とか、、
すぐに時間が立ってしまって 名残惜しかったけど
主人が気を使って 彼女の家が遠いので
6時のバスに間に合うように別れた
会いに来てくれて有難う Mさん
こんどは彼女の家にとめてくれるそうです
ロンドンを車で案内してくれるって
涙が出そうだった。
次の日からTim Hortonのアイスカプチーノのファンの一人です。
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 17:42 | Canadaの旅 | Comments(0)

Naiagara Tour

7月15日
NaiagaraTour もインターネットの予約だった 
時間より早めにお迎えの車が来た
ナイアガラフォールズはこれで3回目 でも Niagara on the lakeの街は
ロマンチックで大好きなんで楽しみ
最初のコースはアイスワインのPillitteri estatesというワイナリーに見学と試飲
アイスワインを買った
d0002247_16485868.jpg

その後Niagara On The Lakeの街の散歩 
d0002247_16493519.jpg

そして Naiagara Fallsに行った
観光客の多いこと 離れると探せなくなりそう
d0002247_1761673.jpg

霧の乙女号に乗って滝つぼまで行きましたが 大迫力
d0002247_1784211.jpg

d0002247_17123168.jpg

モーニングシャワーをどうぞって言ってたけど 凄い水しぶき
d0002247_17202779.jpg


ビニールコートは貰ったけど 顔もキャップもビショ濡れ
ナイアガラは3回目ですがボートは初めてでした。
周辺もまるでラスベガスをイメージしてしまったが 
カジノやゲーム場が以前より多いと思う
レストランで食事をして 周辺を散歩して
集合場所に行った
6時頃にトロントに着いた

ホテルでリカーショップを尋ねて ビールやワインを買い込んだ
部屋のキッチン設備を使おうと言うことになり 
マーケットで食材を買って来たり ビールやワインも買って
久しぶりにゆっくりと食事が出来た
私達の部屋にはキッチン ディシュオッシャー 洗濯機 ドライヤーが
コンパクトに設置されていて お皿やマイクロウエーブや
調理器具も揃っているのに すっきり シンプル
とても快適なお部屋でした
インターネットで探したり 自分で予約したので 大満足でした
以前お世話になった弁護士のSさんに電話したら 
息子さんの結婚相手が日本から来ているので 週末は忙しいとのこと
残念 会いたかったのに お土産も渡したかったのに、、
トロントで彼に会う事も 私の大きな楽しみだったのに。
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 16:46 | Canadaの旅 | Comments(0)

Toronto

7月14日(金)

飛行機の席は主人と離れていた 
満席なのはカルガリーのスタンピードの帰り客のようでした。
トロント空港についてからが 大変です 2人3脚でいかなきゃ 
キャンモアの様に 誰も通訳はしてくれないもの
荷物を受け取り まずリムジンのバス停を探し 
バスでホテルまでいくことにした。
バス停で川西市から来たと言う青年と話をした 
彼の住む川西市は宝塚市の近くです。懐かしい関西弁でした。
トロントには10日間 松井秀喜を応援するつもりで来たそうですが
松井が休場中で 少し残念だと言っていた。
ダウンタウンで同じ駅で降りたけど ホテルが違うので一礼して去っていった
私達はたくさんの荷物で動きが取れないのに ホテルが見つからない
主人が怒り出してきた タクシーを頼んでホテル名 を1 king west
告げたらOKと言って乗せてくれたがほんの目と鼻の先 
それなのに20ドル払わせられた
ホテルはインターネット予約なので 心配だったけど
無事予約道理にチェックイン出来た
思った以上に素敵なホテルだった 
d0002247_1612173.jpg

ダウンタウンの中心でキングストリート沿い
52階建ての 高級感と清潔感の溢れたグッドホテルだった。
荷物を置いて 街に出て 食事をすることにした
少し歩いたところに Richtree Market Restarantsと言うレストランが
楽しそうなので 長い列を待って入っていった
カードを渡されて 飲み物や食べ物を自分で選んだり 調理を頼んで
カードを通してもらって最後に清算するのですが はじめてなので解りにくかったが
これいいね! なんでも自分で選べて!と二人とも気に入ってしまった。
ビールやワインも飲む量を頼めるし マーケットと言うだけあって 
何でもあるのですよ種類は豊富でした。
ホテルからロンドンの友人に電話した 待ってくれていたんだ
16日に合う約束をした
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 16:06 | Canadaの旅 | Comments(0)

トロントへ出発

7月14日(金)
長いキャンモアでの生活が あっと言う間に過ぎていった
Jご夫婦のホスピタリティに言葉も無いほど 感謝しています

そして キャンモアで知り合った素晴らしい方達 皆様のお陰で 
長い滞在を有意義に楽しませて頂きました 感謝の気持ちで一杯です。
こんなに貴重な体験はまたとないでしょう
人生のページを変えられないように 来年同じことをしても
それは今の感動とは違うでしょう 
玄関を出てJ夫婦に挨拶をしているとき キャンモアの山の方に虹がでていました
レインボウ! とJ夫人が指を指すと 
Good LuckだとJ氏が言ってくれた。
とても感動的な旅立ちになりました。
さようなら キャンモア とココロで言った
d0002247_15252056.jpg


カルガリー空港まで娘が送ってくれた

いろいろ親の世話をかけてしまった 
有難う 元気で暮らしてねと礼を述べて 
しっかりとハグをして 搭乗に向かった。
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 12:25 | Canadaの旅 | Comments(0)

キャンモア最後の日

7月13日(木)
キャンモア最後の日 朝からパッキングをしたり 娘のうちに行って
デジカメのインストールをさせてもらった
ランチはココロ残りのないように crazy weedだったかな
d0002247_11581429.jpg

キャンモアのレストランでラムのサンドウィチを食べた
美味しかった。ココロおきなく帰れます
J夫妻から何時もと同じように 
6時にディナーとコンサートに行こうと誘って頂いた
彼等はハイキングに出かけてるとの事
娘とバンフで買い物をするのでバンフで出会う事にした
Rootsで買い物をしたりRimrock hotelに行ったりして ゆっくりとbanfの街も歩いた
約束の時間がきたので娘とB君は帰って行った

banefのコヨーテ レストランは彼等のトリートでした
私はにじます料理を頂いた これからもよろしくと乾杯をして
美味しいお食事とワインを頂き お喋りを終えて コンサートに行きました

コンサートにMさんも来られていたので 良かった
フルートやバイオリンやピアノの演奏会だった
こんなにコンサートに連れていって頂いたのですっかり
音楽が好きになった 帰ったらコンサートに行こう
勿論辞書を持って
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 11:58 | Canadaの旅 | Comments(0)

和食のパーティ

7月12日(水)

いよいよ後2日でキャンモアでの生活は終わり
R家に新しいお客様が滞在している 医者をめざしている若い綺麗な女性です。
J夫人の病院にスタディに来られているらしい
J氏は最近娘さんの家の改修で忙しそう

この日 私は又 日本食をつくるのでパーティをしようと提案したJ夫婦は大喜び
娘のウチにいって相談の結果 
チラシ寿司とえび、いかと豚ヒレのフライとサラダを作った 
d0002247_1113512.jpg

婿殿が私達の為に
ローストビーフを作ってくれた。
J氏が日本のアサヒビールを用意してくれていた
でもメイドインタイランドだよと言って皆を笑わせた。

茶道の先生や写真でお世話になったNさんもお誘いしたら
素敵なケーキを作って 来てくださった
凄いパーティになって楽しかった
d0002247_11151811.jpg
d0002247_11191528.jpg

この素敵な日本人形はNさんがキャンモアにご寄付されるそうです
J氏に相談されていました。
素晴らしい!
キャンモアの人が 日本のことをもっと興味もってくれることでしょう
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 11:09 | Canadaの旅 | Comments(0)

ゴルフとディナー

7月11日(火)

この日は朝早くからハイキング組みが出発した。
とてもお花畑の美しいところがあるそうです。

私はゴルフ組みです。
キャンモアゴルフ クラブでプレーしました
マニトバ州から来たと言う老人二人とTさんの4人で回りました。
ドライバーとユーティリティを借りて打ちましたがよく飛んで
マニトバの二人がビューティフルとほめてくれた
スルーで回って18ホールを回りましたが 早く終わったので
ゴルフクラブの隣のスイミングプールでジャグジーをして
疲れの解消をした。R家で一人で居ましたが 
洗濯をしたり本を読んで主人が帰るのを待った
6時30分から Mさんのディナーにご招待されていた
Mさんも素敵な暮らしを楽しんでいる方 ゴルフ、ハイキング、コンサート
上手に夏の暮らしだけを楽しんでいる方です。

d0002247_10462431.jpg

お庭で花の蜜を求めてやってくる ハミングバードの姿を探しながら
私の大好きなパエリアをご馳走になりました。
皆さんお料理が上手 感心させられてばっかり
パエリアとワインは本当に良く会うのよね
お話も 楽しかった 運もお金も勇気も持たない私はイイナーと憧れるだけ
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 10:51 | Canadaの旅 | Comments(0)

ランチとディナーのご招待

7月10日(月)
この日は7人でカナナスキスに行って
キャンプ組みとフィッシング組みに別れて お互いの楽しみをする計画でした
昨日の大雨で取りやめになった

朝食をたべていたらTさんが現れて ランチにご招待して下さった
本格的なログハウスに住んで カナディアンライフを楽しんでいる先駆者
の豪邸を一度見せて欲しいなーとココロの隅で思っていたので
興味津々で行かせて頂きました。
凄いお宅です。直径30センチ以上はあるようなパインの木で組み合わせた
本格的ログハウスは素晴らしかった 素敵なロケーションで イイナー。

お食事も焼き魚や煮物や胡麻和え ウレシーと悲鳴に近い声がでた
焼き魚は味噌漬けにされたニジマスらしいです。
Tさんが釣ったそうです。
本格的な和食の味をしっかりとお相伴させていただきました。
d0002247_7582846.jpg

このご夫婦は 娘にとってカナダの父と母と言うほど
お世話になっているようです 有難いことです。
ところで日本の両親までお世話になってしまいました。

この日は3本立てのスケジュールになっていたのです。
娘が最初にキャンモアでお世話になったK家のディナーにご招待されていました
そして Mさんとコンサートに行く約束をしていました。

6時にK家にお伺いしました。
カナダに来る度に ディナーに招待されるのですが 本当に嬉しいですね
何時もそうですが 挨拶が済むと直ぐにご主人が
ワインは赤か白か?聞いて下さって
カウンターで話しながらいただきます 何時もスマート!
P家のご夫婦も見えて日本から着ている若い女性と8人と5人の子供達と
素敵なディナーがはじまりました。
p家のご夫妻は日本に10年くらい住んでいたので 
日本の駄洒落までお上手なんですよ
d0002247_100446.jpg

K夫人の料理上手にはいつも感心させられます
おもてなしの仕方は 大いに参考にしたいほど素晴らしい気配りです。
p夫人もサラダやデザートを楽しませてくださって 
美味しかった

大人ばかりの会話って聞いているだけで楽しい
時々 何で笑っているのかわからないことがあるので
娘の肘をつついて 何?って聞きます 遅れても笑えました。
ディナーは大人数でゆっくりと楽しんでいるので
最後までお付き合いさせて頂きました
M-さんごめんね コンサートに間に合いそうにないのでパスします。

K家の子供さん達は大きくなったこと8歳、と6歳かな
 あの真っ黒の大きなワンちゃんは?って聞いたら
彼は死んだ!とおしえてくれた猫ちゃんは 年ですが 元気だった。。
d0002247_9581646.jpg

この日1日でも 多くのキャンモアの皆さんに
すっかりお世話になりました
皆さん 温かいココロで迎えてくれて 見送ってくださった。
本当に有難うございました。 
[PR]
by koika2 | 2006-07-26 07:56 | Canadaの旅 | Comments(0)